WordPress (ワードプレス)

「予約投稿が失敗しました」とは表示されない

ほんとうに、いつの間にか予約投稿ができなくなっていた。

ワードプレスのバージョンアップしたわけでもなく、プラグインを入れたわけでもないのに予約投稿できずに、すぐに公開されてしまう。

以前までは、JetpackプラグインでTwitterも連動していたのに、連動もしなくなっている。

「WP Missed Schedule Fix Failed Future Posts」プラグインをインストール

ダメでした。

wp-config.phpに一行追加

define('ALTERNATE_WP_CRON', true);

ダメでした。

制限時間を伸ばす対処法

制限をゆるくすることで正常に処理させる方法です。
0.01秒と指定されている箇所を書き換えます。方法は次の通りです。
wp-include/cron.phpの246行目付近

timeout' => 0.01,

0.01の時間を3.00とかに変更してみるがダメでした。

ワードプレス再インストール

WordPressのファイルとデータベースのバックアップを取る。

データのバックアップをしておく。

プラグインを利用する
WP-DBManagerプラグインの使い方
詳しく解説してあるので参考にする。

現在のバージョンだとエラーの表示に若干違いがあるので、まず、日本語化してから左側メニューの『データベース』→『データベース オプション』を選択する。

0406-05左側のような画面に移動するので、その中の『バックアップファイルのパス:』の確認を促す表示ですので、先程までに移動『.htaccess』を移動させてあるパスになっている事を確認。

Click here to let WP-DBManager try to fix it

Clickすれば注意画面がなくなります。


0406-06次に、自動バックアップのスケジュールの変更で、毎『1』週ごとで、Gzip圧縮『はい』に変更。

当面『いいえ』でも問題はないのだが、記事を追加していくうちにデータ量が大きくなり自動でメール送信できなくなってしまう。


0406-07バックアップファイルをメールで外部に送っておく。

To:の宛先に下記のエバーノートへ送っておく。

以上設定できたら、『Save Changes』でOK


DB の自動バックアップは、毎 1 週、GZIP 圧縮:はい にしておく。 メールはエバーノートのメールアドレス宛に送る。
エバーノートにログインしてアカウント設定の所にアドレスが記載されている。
GZIP:いいえだとテーマと容量でメールが送れないので圧縮してメールで送る。

EVERNOTE プレミアムパック 3年版 2015【税込】 ソースネクスト 【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:9,500円
(2016/2/7 15:42時点)
感想(0件)

私も一度、どうにも表示がおかしくなってしまった時に再インストールしました。

不具合の原因を色々と調べて試しても戻らず、また調べて試しても直らずと繰り返していると、わけもわからず時間だけが過ぎていく・・・なんて状態に(^^;)
出典:http://affilihaha.hahamo.net/569

ダメでした。

まったくわからなく、諦めかけてました。

もう一度、自分の設定を見直しました。

まず、プラグインから、・・・このプラグインは何?

No Future Posts

何のプラグインか調べると、未来日時で記事を表示させながら、予約投稿とを共存させるプラグイン。

いつインストールしたのか忘れてます。

『停止』しました。

無事、予約投稿&ツイッターへ連動投稿出来ました。

何が目的でこのプラグインを入れたのか忘れてます。気を付けましょう。