WordPress と Twitter を連携

ワードプレスを利用していて記事を書いたら自動でツイッターにもツイートしてほしい

沢山の記事を書いていると、そこまで手が回らなくなるので、自動ツイートして頂いて、興味がある方にはHPの方へ訪問して頂く流れを作りたい。

色々検索して沢山のプラグインを試しましたが、Jetpack by WordPress.comに落ち着きました。
連携する時はワードプレスとツイッター両方ログインしていれば、1クリックで済みました。
他のプラグインは、電話番号登録しろだの、やれURLだの認証だの面倒で、しかも英語のサイトなので、よくわからない。

WordPress と Twitter を連携する方法としてプラグインを利用する

WordPressとTwitterの連動以外にも、30以上の機能が網羅されたプラグインで、ほとんどが無料で利用できるので、非常に便利なプラグインです。

多機能プラグインJetpack by WordPress.com

「プラグイン」>「新規追加」>プラグインの検索でJetpack by WordPress.com

Jetpack by WordPress.com似たようなブラグインがありますので、注意しましょう。

Jetpack by WordPress.com「いますぐインストール」

「プラグインを有効化」する。

インストールしたのを忘れて、再度インストールしてしまうと、下記のような画面が出てくる。

Jetpack by WordPress.com左側メニューの「Jetpack」へ進むと下記のような画面になります。

Jetpack by WordPress.com

「WordPress.comと連携」をクリックします。

Jetpack by WordPress.comこのような画面に切り替わります。

※セキュリティ上アカウント名、URLは消してあります。

「Jetpackの認証」をクリック

認証されると下記のように「Jetpackが有効化されました。」と表示されます。

Jetpackの認証

Jetpackと連携ができなくなってしまった

エックスサーバーでは、「XML-RPC API アクセス制限機能」の追加により、今後新たにWordPressプラグイン「Jetpack by WordPress.com」を導入しようとした方は連携ができなくなってしまいました。

対処方法として、

エックスサーバー・インフォパネル>サーバーパネルログイン>WordPressセキュリティ設定 から導入したいドメインを選択します。

▼XML-RPC API アクセス制限 をOFFにします。

連携できなかった画面に戻ります。

「WordPress.comと連携」をクリックします。

そうすると無事に連携できます。

パブリサイズ共有を有効にしてTwitter等のSNSと連携してから先程のエックスサーバーのOFFにした所をONに戻す。
先にONに戻してからSNSと連携しようとしても画面が真っ白の状態で先へ進めないです。

連携後にエックスサーバーで「XML-RPC API セキュリティ制限」をONに戻します。
連携させるには一時的にOFFにする必要があるようです。

Jetpackの初期設定

Jetpackの項目にある「設定」>プラグインの有効化・無効化を設定

Jetpackの各種設定

初期の状態で、いくつか「有効化」されているので、

一旦全て「無効化する」

「一括操作」のプルダウンメニューから

「停止」を選択して左側のチェック項目の所にチェックを入れる。

「適用」をクリック

確認のする。

右側の方にある「表示」>「有効」をクリックしてみて確認する

そうすると、「モジュールが見つかりませんでした」と表示されます。

Jetpackの各種設定

Jetpackの各モジュール有効化

今回は、FacebookやTwitter等のSNSと連携させたいので、先程の「表示」>「有効」の左側にある「すべて」をクリックします。

Jetpackの各モジュール有効化その中にある「パブリサイズ」にチェックを入れます。

そうすると、右端の方に「有効化」と表示されますので、その「有効化」をクリック

「パブリサイズ を有効化しました。各モジュールの隣にある無効化リンクを使って、いつでも再び無効化できます。」と表示されますので、再度、「パブリサイズ」の項目の所までスクロールしてマウスを当てると「設定」の項目が出てくるのでクリック。

進むと、各SNSの「連携」ボタンが表示されます。

Jetpackの各モジュール有効化

Jetpackでfacebookと連携する

Facebookの「連携」をクリック

Facebookの「連携」をクリックFacebookへのログイン画面に移動します。

「メールまたは電話番号」と「パスワード」を入れてログインします。

認証画面に移りますので「OK」を。

Facebookの「連携」をクリック

Facebook「連携」

 

WordPressがあなたの代わりにFacebookに投稿する許可を求めています。

公開範囲を設定して「OK」

次の画面もそのまま「OK」

Facebook連携

以上でFacebookとの連携は完了です。

非常に簡単です。

JetpackでTwitterと連携する

※Twitterへログインしている状態で進めて下さい。

Twitterの「連携」をクリック

Twitterの「連携」をクリックWordPress.comにアカウントの利用を許可しますか?

連携アプリの認証画面です。

「連携アプリを認証」をクリックします。

下記のような画面に切り替わります。

連携アプリを認証

以上でTwitterとの連携は完了です。

非常に簡単です。